1月 12, 2017

商品の宣伝にポスターデザインを活用

私が現在勤めている会社はキッチンメーカーで、残念なことに5年ほど前から業績が芳しくなくなりました。アパートやマンションのリフォーム向けのキッチンを販売していますが、他メーカーとの競争になかなか勝つことができず、思うように売れない日々が続き、販売数が伸び悩んでしまっていました。

私は営業部ではありながら事務職のため、取引先への販売などを直接行うことはありませんでしたが、営業担当の男性社員には会社からのプレッシャーは大きなものだったと思われます。ただ現状を悲観していても何も改善しないので、今までに行っていなかったことで新しいことをやってみようという部内での話し合いがあり、そこで提案されたのがポスターを作成することでした。

自社のキッチンを宣伝するための広告用ポスターを作成して、取引先へ配ろうという内容でした。ポスターというと安易な発想にも聞こえますが、まずは自社商品を広く認知してもらうため、小さなことでもやってみようという前向きな雰囲気が部内にあふれていました。ポスターは事務職の私でもソフトを使用すれば作成することが可能ですが、よりデザイン性に富んだインパクトのあるものを作成するため、デザイン会社へ依頼することになりました。

完成したポスターを取引先へ配り、車内の目立つ位置に営業自らが貼っていきました。取引先へ貼ってもらうようにお願いをしても、そのまま放置されてしまう可能性もあるため、許可を得て貼るところまで徹底して行いました。自社商品を目にする機会が増えたおかげかは定かではありませんが、それから少しずつ販売数が増えていったことは事実です。新しい商品が発売された時など、ポスターは定期的に新しいデザインへ変更し、その度に営業が取引先へ貼りに行っています。より取引先とのコミュニケーションが密になり、ポスターそのものの効果だけではないものも実感できています。今後もポスター作戦を、継続して行う予定です。