12月 30, 2016

ポスターのビジュアルが良ければ、SNSなどへの拡散も期待できる

ポスターを広告として効果的に活用する方法ですが、人を集めるためにポスターを貼る訳ですから人の目につく場所に貼らなければなりません。人の目に止まり、尚且つそれを覚えてもらう必要がありますので多くの場合はポスターを大量に印刷して色んな場所に貼る事があります。

しかし、効率を考えた場合にたくさんの量を貼るとなると経費が掛かり過ぎてしまいますので違った部分でも目立つ必要があります。その違った部分で目立つというのがデザインになります。何かの宣伝のポスターでも啓蒙のポスターであってもデザイン性が高ければ目に止まりやすく覚えてもらいやすいです。良いデザインのものは見てもらいやすく、視覚によって記憶として残してもらうと実際の商品や物を現場で見た時に以前の記憶が蘇り親近感として脳が完治して、その商品や物が肯定されやすくなるのです。ポスターは何度でも見るものになりますので記憶に残ることによって親近感となり購買や集客に繋がっていく訳です。その親近感を湧かせるために重要になってくるのがデザインとなりまして、奇抜なものであれば目立ちますが、それが嫌悪感に繋がってしまう危険性もあります。

あまり嫌なものを見せ続けられることによって商品そのものが嫌になってしまうという逆の現象が起きてしまうのです。どういった層に対して、どのようなものを宣伝するかによってデザインは変わってくると思いますが、宣伝したいものを最大限に活かすめために必要なものとなってきます。

このようにポスターを広告として効果的に活用するためには出来るだけ人の目に止まる場所に多く掲載して、デザイン性が良いものを作り、人々の記憶に残るようにして親近感を持つようになってもらえれば購買力を高めることができるのです。もちろん話題になるようなポスターを作ってSNS等で拡散してもらえるのが良いのですが、個々に対しての親近感に訴えていく方法が効果的に宣伝していくことができます。