11月 25, 2016

ポスターを広告として効果的に活用する方法

ポスターは、店舗や企業の宣伝、商品やサービスの紹介、啓蒙活動などを目的に制作されます。これらの目的に共通しているのは、見た人に伝えるということです。店舗や企業、商品やサービスの宣伝を目的としている場合には、紹介したいものの魅力を伝えるデザインにしなければいけません。また、イジメや迷惑行為の防止を目的とする啓蒙活動の場合には、見た人に訴えかけるデザインにする必要があるでしょう。

様々なポスターデザインの事例については、デザイン会社の実積などを参考にしてみるのも良いですね。

目的に合わせて魅力や訴えを相手に伝えるデザインこそ、効果的にポスターを活用するためには大切なことです。しかし、ポスターには魅力を伝える以外にも、人をその場に集める効果もあります。たとえば最近話題になったのは、超人気アイドルグループのポスターです。番組宣伝のため超人気アイドルグループのポスターを駅に日替わりで掲示したところ、ファンが殺到し大きな話題を呼びました。ファンが大勢集まり話題になったことで、さらにテレビなどでも取り上げられ、ポスターを見ていない人にも番組を宣伝することができました。

つまり、話題になるデザインにすることで、想定以上の宣伝効果を引き出すことができるのです。さらに毎日ファンが殺到したことにより、一カ所に大勢の人を集めることもできました。ポスターはデザイン次第で、宣伝効果を倍増させながら、一カ所に人を集める集客効果もあるのです。

ですから、店舗や企業がポスターを制作する場合には、宣伝効果だけでなく話題性や集客効果も考えながら、デザインを決めていかなければいけません。話題性が高くなるデザインにすれば、多くの人を特定の場所に集めることができて、さらには想定以上の宣伝効果を生み出すことができます。もちろん話題になる芸能人を起用するのは難しいですが、それでもデザインで勝負して話題性を高めることはできます。制作するときには、店舗や企業、商品やサービスの魅力を伝えるだけでなく、集客効果についても考えましょう。