10月 17, 2018

ポスター作成のデザインに必要なものとは

商品やサービスを消費者に周知するために、宣伝という行為は必ず欠かせないものになります。インターネット広告やテレビCM、雑誌への出稿、販促物の配布など手段は様々です。しかし地域限定の小さな商店などにとっては、大掛かりな広告というのは難しいものでしょう。そこでポスターやチラシを制作して、地域の人間にアピールするという方法をとることが多くなります。作成するうえでのポイントがありますので、いくつか見ていきましょう。

ポスターというのは基本的に、人間の目の高さに貼ることで消費者に訴求するものです。とはいえあまりに周囲の風景と同化してしまうのでは、宣伝効果が薄くなってしまいます。ポスターがどこに貼られるかは状況によるため、その全てを把握はできませんが、基本的には商店や施設の壁など、あまりごちゃごちゃしていない背景だと考えられます。そのため、極度にシンプルすぎるポスターは、目に留めてさえもらえば訴求力はあるのですが、通りすがる人の目を引けないという弱点もあるのです。そのため、ポスターに用いる言葉、あるいは絵というのは何よりも鮮やかな色使いが求められるでしょう。道を何の気なしに歩く消費者にとっては、ポスターはそれほど焦点を合わせるべき対象ではありません。

しかし視界の中には捉えていますから、ピンク、赤、あるいは寒色系であっても青、などの鮮やかな色があれば、そちらに意識が向きやすいのです。一瞬でも意識と目を向けてもらえれば、あとはいかにして商品やサービスをアピールするかということですから、なるべく一目で何のポスターなのかわかる、わかりやすさを追求しましょう。商品の特徴をわかりやすい言葉で表したり、一枚の写真や絵で、商品のストロングポイントをアピールできるような構造がベストです。通常手渡すチラシなどとは違い、ポスターはかなりサイズの大きいものですから、その大きさを利用したダイナミックな構図も有効でしょう。いずれにせよ、デザインするうえで最も必要なものは色によるアピールであり、そして分かりやすさということになります。

ポスター制作 格安 で対応している所についてはこちら