10月 19, 2018

ポスターを作成するときはデザインを重視

さまざまな宣伝・広告のためにポスターを作成することがありますが、初めての人の場合は何に気をつければよいかが分かりにくいものです。どのような内容を盛り込むかについて真剣に考えなければならないのは当然ですが、盛り込んだ内容をしっかりと伝えることができなければ、せっかくポスターを作成してもほとんど意味がなくなってしまいます。内容と同時にデザインについても十分な検討をしなければなりません。魅力的なデザインを取り入れるようにすると、見た人に大きなインパクトを与えることができるようになります。ただし、魅力があるデザインかどうかばかりを意識してしまうと、内容とかけ離れたものになってしまうこともあるため注意しなければなりません。

全体的にバランスが取れていることは必須です。人がポスターの中身をじっくりと見るかどうかを決める際は、第一印象が非常に大きな意味を持っています。最初の段階で見てみたいと思うようなデザインでなければ、ほとんど見向きもされないまま終わってしまうのです。重要な内容を伝えたいと思っていても、見たいと思えない第一印象を与えてしまったら全てが終わりになります。したがって、初めて見た人の目を惹きつける強烈なインパクトを持っていることが必要です。なんとなく良さそうに見えるという程度のポスターでは、見た人の印象に残りにくくなってしまいます。ほとんど印象に残っていなければ、たとえば重要なイベントの案内をしているポスターだったとした場合、当然のことながら実際のイベントに来てくれることは期待できません。

慣れていない人が作成を手がけると、作成者の目線で全てを考えてしまうことが多いため注意が必要です。ポスターの作製に慣れている人の話を聞いて、どのような部分に気をつけるべきかを把握しなければなりません。作成した人にとっては魅力的で印象に残るデザインだと思えるポスターでも、第三者から見ると全然印象がないものだということは多いです。